採血のみのバイト求人について

採血のみのバイト求人について

pixta_7633117_S.jpg
アルバイトをするなら、出来るだけ、効率良く働きたいと思う方多いと思います。

例えば、病棟で働くと、チームで動くので、チームワークも必要になるし、ブランクあったり、中途採用だと入りにくいんじゃないか、という不安ありますよね。

また、業務前に様々な申し送りがあったり、勉強会などもあったりして、勉強にはなるけれど、時間外のことが多くなってしまって困る、ということもあります。

そこで、人気なのが、採血のみのアルバイトなんです。

採血室でのアルバイトは、まず残業はないし、土日はお休みになります。

看護師だからといって、誰もが採血得意なわけではありませんよね。

私もそうでした。

でも、私がアルバイトで入った職場は、ブランク看護師のためのセミナーがありました。

きちんと実習があって、採血実技をして、一通り復習をしてから、業務に入ることが出来、不安なく働き始めることが出来ました。

病院の規模にもよりますが、採血室はだいたい看護師2~3人体制で、一人あたり、30~40人採血をします。

数字を聞くと、もうびっくりな人数ですよね。

でも、これも慣れで、採血はあまり得意でなかった私も、数日でスムーズに出来るようになりました。

患者さんの中には、採血しにくいケースもあったりしますが、真空管で難しい場合は、翼状針があるので、これでだいたい大丈夫です。

気になる時給ですが、病院によってとても差があります。

時給で働く身としては、違いは100円、200円でも大きいですし、時に500円も差がある場合もあるので、いろいろ調べてみると良いですよ。

2016年2月 2日|